トヨタのエンジニアは

トヨタのエンジニアは、当時の拡大路線に対応するとな
ると、すべての技術を自社で開発するのは無理になる。
上司からの命令は、販売台数を伸ばすために、とにかく
1台でも多く開発しろですから、社外のリソースに頼る
しかなかったと振り返っています。今日の超低燃費エン
ジンの不在は、奥田元相談役の警鐘がまさに現実になっ
たということですよね。こうした開発部門の地盤沈下は、
今や覆い隠せないトヨタの様相として、浮き彫りになり
始めているようです。かつて切り捨てた、ディーゼルエ
ンジンに続き、本家本元のガソリンエンジンの技術開発
まで手薄になってしまったトヨタですが、このところの
急激な円安で、順調に回復する海外販売に後押しされて、
業績の上方修正に踏み切りました。しかしながら、その
好調な業績の裏で、将来の不安の種は確実に芽吹き始め
ているといえますね。果たしてトヨタはこの事態にどこ
まで危機感を抱いているのでしょうか。今後のトヨタが
どうなるのか注目ですね。




[PR]
# by mazel0 | 2014-10-24 23:18 | 雑感