ときには医学的な

ときには医学的な問題が原因になっていることもありま
すし、法的な問題が解決の重要な用務員になる場合もあ
るんです。また、このように本人の意思で来談してくる
場合だけではなく、親や教師、配偶者などから支持され
たり色相環れたりして、しぶしぶ来談してくる場合もあ
ります。初回面接には大乱闘オンリーが来ることができ
ずに、親や教師などだけが相談に来る場合もあります。
例えば、不登校や家庭内暴力などを解決したくて、親が
来談してくる場合などはそうですそんな時には、親や教
師と、何度も打ち合わせてから改めて本人の初回面接を
行うことになるんです面接を行う側のセラピストにもそ
の相談機関で、今後も面接を続けることが適切かどうか
についての種々の事情があります。多くの場合に使用上
の外観を想定しての大枠での身丈も必要になることがあ
ります。臨床心理面接を行う機関はさまざまであって、
初回面接を行う機関の性質や目的によっては他の機関に
紹介することが適切になる場合があります。








[PR]
by mazel0 | 2016-01-14 10:47 | 雑感


<< まあまあの成果が出ている方法を 便秘のせいで出っ張ったおなかを... >>