チベット高原に

チベット高原に源を発し、全長4,350キロにおよぶ
メコン川は、ラオスへ入ると大きく蛇行しながら、タイ
との国境をなぞるように南下していきます。カンボジア
を経てベトナムで南シナ海へ行きつくメコン川ですが、
ラオスは国土の80%は山がちで、また道路が未整備な
こともあって、この大河を利用した船による交通が人々
の暮らしを支えてきました。首都ビエンチャンも、メコ
ン川流域に発展した都市の1つです。さて、ラオスは日
本の本州ほどの広さを持つ内陸国です。 19世紀末か
らフランスの支配を受け、一九五三年に完全独立を果た
しますが、右派と左派による激しい主導権争いで内戦が
繰り広げられました。この内戦が終結したのは、サイゴ
ンが陥落した一九七五年です。勝利した左派の人民革命
党は、王制の廃止を宣言し、ラオスは人民革命党による
一党独裁のもと、社会主義国家としての道を進むことと
なりました。どこの国でも、内戦というものは起こって
しまうものなのですね。楽天 リアンフルール








[PR]
by mazel0 | 2015-04-03 19:23 | 雑感


<< ブラッシングをした時に驚いてし... ヒアルロン酸とは元来人の体の中... >>