LNG購入価格をみると

LNG購入価格をみると、日本と中国のどちらに市場メカ
ニズムが働いているか、素人目にも明らかとなっていま
すよね。中国は国内で二〇一一年に世界第7位の1,0
25億立方メートルの天然ガスを生産する有力な産ガス
国である一方で、世界第5位となる年間1,220万ト
ンのlngを輸入し、二〇一〇年にトルクメニスタンから
パイプラインによる生活の輸入も開始しています。今や、
アジア最大の天然ガス生産国消費国の地位を日本から奪
った中国ですが、二十年のlng輸入量は年間4,000
万トンを超えています。そこで中国ではこうした天然ガ
スの現物が集積する社会を舞台に、アメリカの天然ガス
に基準価格であるヘンリー・ハブと同様のlng先物市場
形成を目指しています。いずれは3回ハブをアジアのヘ
ンリー・ハブとすると、その意気込みは強いようです。
彼らは覇権争いで先行するシンガポールに激しい対抗心
を見せていますが、その視覚の中にlng先物市場の創設
をどうする日本の姿は無いようですね。








[PR]
by mazel0 | 2014-12-12 19:06 | 雑感


<< お風呂に ファミリーレストラン >>